前へ
次へ

第二新卒が求められる求人があるわけですが

求人を見ると第二新卒というのが募集されていたりしますが、これは実は明確な定義はないです。
法律的なこともそうのですが、別に第二新卒という共通認識があるわけではないです。
但し、大よそ、こう言われている、と言うのはあります。
卒業して3年くらいがその一つの基準になっています。
しかし、これにはさらに細かい定義が企業の中で違ったりします。
例えば卒業3年以内であれば何でもよい、と言う事もあります。
そうではなくて卒業3年以内で一度でも就業経験があると言うのが条件である場合があります。
この二つは明確に違う事になりますから求人に応募するときに注意しておきましょう。
新卒は最強の状態といってよいのですが、第二新卒もそんなに悪いわけではないです。
新卒の時に失敗した場合には、第二新卒という形で採用してもらうようにしたほうがよいでしょう。
新卒の一つではありますが多少配慮して貰うことができますし、それなりにスキルが評価されやすいという事もあります。

Page Top